カーエアコンの漏れ修理?@トヨタ タウンエース【車のエアコン修理@東大阪!】

2015年6月7日

世の中 

随分と 涼しくなってきましたが

ことエアコンに関しては 今の時代 年がら年中 家庭でも自動車でも

お使いのことと思います (^^)

しかし

エアコンが 「突然」故障して おまけに「湿度が高い」ときた日にゃ~

とてもとても「不快」でしょう(-_-;)

今回のオーナーも そんな感じで 年中がら年中 エアコンを使用されている感じなのですが・・・

エアコンが効かなくなったので 近所の「ガソリンスタンド」で 点検してもらったら

「クーラーガスがないので入れときます」と言われ

そのまま ガスチャージしてもらい エアコンも効くように。(^_^.)

しかし、

次の日には 全く 冷えなくなり

その作業したスタンドに問い合わせると

「どこか漏れてますね」と軽く言われ、

更に「こちらでは対応出来ません?」と

突き放されたらしいです。(`´)

それでネットで検索し たまたまHITした

オイラのとこへ来られたみたいです(笑)

事情を聞き、とりあえず クルマを預かりまして

早速 作業を開始!

(^O^)

ガスチャージして すぐに冷えなくなった?ことを考えると

「高圧側」の漏れがあやしいと推察。

ガス圧を計ると「高圧側 4kg 低圧側 1kg」という結果。

間違いなく漏れております。

特殊な蛍光剤を注入し A/Cコンプレッサーが回る程度に

ガスを補充し 数時間 エンジンをかけといて

しばらく放置プレイ。

そしてリフトアップして 高圧&低圧のシステムを

じっくりと攻めていきます。

そして

思ったとおり 高圧側のところで 「ガス漏れ」 発見!  

画像では 少しわかりにくいですが

圧力スイッチが刺さるところに 小さな「クラック」が

はいっており、そこからガス漏れしたみたいです (^_^.)

ここは「高圧」ですので

いくら「クーラーガス」を補充しても

すぐに抜けてしまいます。

他のところも点検しましたが 今のところガス漏れは

ないみたいでした (^_^.)

オーナーに連絡を取り 点検&診断結果を お伝えすると 

「ちゃんと 修理して下さい」とOKを頂きました!

なので 早速、

クラックのはいったパイプを交換&組付け!

時間をかけてじっくりと真空引きをして

そのまま 車を1日 放置プレイ。

次の日 ゲージを見て 「ガス漏れ」がないのを確認してから ガスチャージ!

アイドリング状態で窓を全開し

エアコンの噴出し口の温度を計ると 「約7℃」迄下がり

まだ温度が下がろうとするのですが しばらくすると

コンプレッサーの保護回路が働き A/Cコンプレッサーを

止めてしまいます。

外気温が30度ぐらいですから かなり冷えてます。 寒い~です (^_^.) 

最終チェックをして OK!と 判断しましたので

無事に オーナーに納車しました。

納車時に エアコンの効き具合を体感され

とても喜んで下さり 何度もお礼を言われました。

こんなときは ほんと「修理屋」をしてて よかったなーと

つくづく思います。

今回の件もそうですが、 ガソリンスタンドや「○ート バックス」、

イエ○ー○ット」などのカー用品店では エアコンが効かないときは

簡単に「ガスチャージ」を していますが これが後で重大な故障に

発展することも少なくありません。 

現に当社でも 今まで

「後始末」したのは 1件や2件ではありません(^_^.)

その時に いつも 思うのは

「もっと早く こちらで診断をさせてもらえれば・・・」

しかし

やはり大手の宣伝力には かなう筈もなく

口惜しい思いをしておるのが現状です(-_-;)

オイラも ここまで来るのに どれだけ 「トライ&エラー」を

繰り返したことか・・・(-_-;)

数え上げれば キリがないです。

上記の方々に

あえて 苦言を呈するならば

「エアコン修理は そんなに甘くない」

もとい

「自動車修理は甘くない!」  

でわでわ!

(^^)

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com 

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>