オイル漏れとエアコン修理 @ ジャガー(XJー6)【カーエアコンの修理!】

「クルマが回転数だけ上がって進まないんです」

それは突然のお電話で始まりました(゜o゜)

「それと、かなりオイルが漏れているみたいなので診てもらいたいのですが?」

とのことでした。

次の日の朝、

レッカーにてオイラの工場まで運ばれてきたのは

ジャガー XJ-6でございます(^^)

早速点検てみると

エンジンルームのあちらこちらにかなりのオイルが飛散しておりました(゜o゜)

ピットに入れて下から覗いて見ると

「色」といい,「におい」といい,間違いなく「ATF」が漏れてました(゜o゜)

どこから漏れているのか原因を探ると

???(゜o゜)

「AT→ラジエター」へ行くホースのカシメがとんでおり、

ホース自体も劣化しており漏れたみたいです(ーー;)

しかし、このAT用ホース&パイプは「長ーい」一体物みたいで

しかもすぐに入荷されないみたいなので

とりあえず外して

もう一方のカシメも外してパイプを取り出して

信頼性の高い?「国産」の油圧ホースにドッキング!(^^♪

Oリングも新品にして組み付け。

ATFを補充して走行テストを繰り返し

結果、オイル漏れもなく

ATの滑りも無くなったので

これにて修理完了としました。

今回の故障、本当ならATが壊れてもおかしくない状況でしたが

「大難」が「小難」になったのは

オーナーが「異変」にすぐ気づき、尚且つ

いたずらにクルマを走らせることなく

すぐにレッカーを呼んで運んでもらったからだと思います。

ほんと「ナイス!」な判断です(^^)

クルマを引き取りに来られた時に少し気になっていた異音が

「エアコンのコンプレッサー」からだと判断しましたので

「早めに修理されたほうがいいと思います」とお伝えしておきました

(^^)

すると後日、

「コンプレッサーが手に入ったのでエアコンの修理をお願いします」

と早速ご連絡を頂きましたので

それじゃ~「カーエアコンの修理」をはじめるぞ~!(^o^)丿


ガス圧を測定!思ったとおり圧力が足りません(゜o゜)

これではこれから「真夏」になると熱くて大変です。

リフトアップして

コンプレッサーを外します。が結構 重い・・・(ーー;)

リキッドタンクも交換します。

組み付け。

オーナーから差し入れのコンプレッサー。

ドッキング!(^^♪

でも意外と重いとです・・・(ーー;)

「スローリーク?」していた低圧と高圧のチャージバルブを交換します。が

変なネジのサイズ?を使っており泣かされましたよ (T_T)

全て組み付けたら


時間をかけて真空引きをして他に漏れが無いか確認します(^^♪

しばらく放置しておいて

特に問題がなければガスチャージしていきましょう

現在の吹き出し温度。熱いッス!(^_^;)

チャージしていくとええ感じで冷えていきます(^^)

ここまできたら「真夏」が来ようが問題ないでしょう!

そして最後はお約束の走行テスト!

いつものテストコースにて仕上げます(笑)

「寒い~~こおおおる~」(゜o゜)

冷えすぎてコンプレッサーの保護回路が働きコンプレッサーを止めましたよ(^◇^)

元々はこれだけのパワーがあるんだな~。

素晴らしくよく効いてます。

文句なしです(^^♪

ということで

カーエアコンの修理が完了!

XJー6のオーナーにも喜んでいただきまして良かったです

(^^♪

最近のエコカーは燃費の関係で

エアコンの効きが弱い?というのを

嘘か真かわかりませんが聞いたことがあります(笑)

もしそれが本当だとしたら

理屈はわかりますが「ありえない」(`´)

激熱の時期に「やんわり?」冷えるエアコンなんていらねぇ。

オイラは燃費よりも凍えるくらい冷えるエアコンが好きだ~!

エアコン 万歳!

(^o^)丿

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>