スバル レガシィ(BH5) @ 水漏れ修理とブレーキのリフレッシュ!【車検と整備@東大阪】

ある日のお昼下がりに

「水漏れてしているのですが」と

緊急入庫してきましたのは

スバル レガシィ(BH5)でございます(^^)

早速お預かりして水漏れをば点検!

テスターにて圧力を掛けてみると

メチャ漏れてきましたよ(^^)

よく調べてみたらどうもラジエターのドレンまわりみたいです(゜o゜)

オーナーに漏れてる箇所を告げますと

「またラジエター交換かな?」と心配しておられます(^_^;)

キレイに拭いてしばらく観察してみると

もしかしてラジエターのドレン付近にクラックが入ったのかな?とも考えましたが

(^_^.)

なんとドレンコックの「十字溝」の中から漏れてきてるみたいでした(゜o゜)

なので

ストックしてあった新品のドレンコックとパッキンに交換!

思った通り「水漏れ」止まりました!

これで済んで良かった!(^^)

このレガシィーオーナーが日頃からクルマの状態に気を配っていたお陰で事なきを得ました。

しかし「何故あんなところから漏れてきたのか?」とオイラ的には納得がいきませんが(笑)

結果的に直ればそれで良し!(^^)

あとは

冷却水を注入してからキチンとエア抜きして作業は完了!

修理が完了したのでオーナーに連絡すると

「本当に軽く済んで良かったです!折角なんでブレーキのオーバーホールもお願いしたい」と

新たなご依頼が・・・(^_^.)

フロントブレーキ

分解中!

キャリパー脱着。オーナー曰く、

「80kmくらいでブレーキを踏むとハンドルが振れるんです」とのこと。

定盤の上にダイアルゲージをセットしてディスクローターの振れを測定します。

実際にダイアルゲージで測定してみると

左側、右側ともに「0.14~0.22」ほどの「振れ」がありました。

レガシィーのローターの振れ限度が「0.075」なので

約2倍から3倍ほど振れてる計算になります(^_^.)

なので

これが原因の一つであることはほぼ間違いないと思います。

キャリパーの汚れが酷いので洗浄液につけておきます。

すいぶんとキレイになりました(笑)

キャリパー分解中!

キャリパーの構成


距離を走っている割にはキレイなシリンダー。

少しだけ修正しておきます(^^)

新しいシールに交換して組み付けていきます。

全部組み付けたら何度かピストンを出し入れしてテストします。

「コレとても大事なことアル」(^^)

フロントが終わりましたら

リヤキャリパーもオーバーホール!

コチラも少し修正しておきます。

キャリパーのインナーシール。

マスターシリンダーもそうですが

昔よりゴムの耐久性が上がった!と言われておりますが

所詮は「消耗品」であります(^_^;)

何トンもの物体を止める為にブレーキシステムは

想像もつかないくらいのストレスを受け知らず知らずのうちに

想像を遥かに超えるぐらい「ダメージ」を受けていると考えます

(ーー;)

何かあってからでは遅いのです!

結局は何事も早め早めの「メンテナンス」が大事ですぜ!(^^)

こちらも「飛び出し」注意です(^^)

ブレーキシステムの要「マスターシリンダー」

ここも知らず知らずのうちに傷んでいきます。

脱着!

分解中!

シリンダーは修正して再利用!(^^)

タンクはきれいに洗浄してパッキンを交換!

完成!(^^)

組み付け!

フロントのブレーキホース

新しいブレーキホース

組み付け!

フロントのブレーキローター!

新しいブレーキパッドを組み付けたら

フロントブレーキ完成!(^^)

リヤのブレーキホース

リヤのブレーキホースを交換。

このクルマのリヤホースは左右2本ずつ、合計4本使われております。

意外とめんどい!(^_^;)

折角なのでサイドブレーキをキッチリと調整。

新しいブレーキローター

リヤブレーキも完成(^^)

各キャリパーからブレーキフルードを抜き替え中!

(^^♪

これにて全ての作業が完成!の筈だったのですが・・・

ブレーキをガンガン踏んでテストしていると

フロントキャリパーのブリーダーから漏れてきましたよ!

マジか!(゜o゜)

別段、何かした訳でもないのですが漏れてきたのは「事実」です(T_T)

すぐに

ストックしてあった新品のブリーダー。

新品と見比べるとテーパー部がかなり「段付き」になっておりました(+_+)

どうしても車検時などでフルードが漏れるのが怖くて

メカは強めに締める傾向があるのでテーパー部が傷んでいるのがよくあります(^_^;)

オイラもオーバーホールする度にこのブリーダー部分からの漏れで何度も泣かされているので

エアー抜き作業時はかなり気をつけるようになりましたよ!(^_^;)

新品のブリーダーを組み付けてもう一度エア抜き。

ブレーキを同じようにガンガン何度も踏みましたが漏れてきません(^^♪

「よかった!」と思った途端、また漏れてきましたよ(T_T)

それから出来る限り修正してみましたが完治せず 。

なのでオーナーと協議の結果

新品のキャリパーゲット(^^)

ありがたいことにオーバーホールが無駄になりましたよ。

ブリーダープラグは「鬼門」だわ!(ーー;)

ということで

気を取り直して作業を再開です!

新品のキャリパーは気持ちいいっす!(^^♪

合体!

コレにて作業が完了!(^^♪

いつものテストコースにて最終チェック!

ブレーキもいい感じ!(^^♪

工場に戻って来たらのピットにて最終確認!

フルード漏れもないのでコレにて全ての任務が完了!(^^ゞ

待ちわびるオーナにも無事に納車出来ました!(^^♪

しかしスバルのレガシィさま、

この世に出てきてから随分と長い時が経ちましたが

「水平対向エンジン+ツインターボ+4WD」は今の世でも十分通用するし

「燃費の悪さ」や「メンテナンス性」を差し引いても

ホント良く出来たクルマだと思います。

最近のレガシィは輸出のほうが元気みたいで異国の人たちに合わせて

ボディーが大型化しており、このままじゃもうこんなパッケージングで

販売されることもないのでは?(^_^.)

ある意味、

スバルというメーカーが一番チカラが入っていた時代のクルマかもしれません。

コレからも定期的にメンテナンスして頂き、少しでも長く乗って頂きたいと思います。

それじゃ またな!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク