トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ71) @ ブレーキのオーバーホール(後編)【キャリパーO/H&ハブ整備】

今回は

世界中のみなさま、明けましておめでとうございます 旧年中は「クルマ」という媒体を通し多くの方々との「ご縁」を頂きましたこと この...

前回のブレーキオーバーホールの続きでございます(^^)

「お風呂」から上がってきたのはフロントのブレーキキャリパー。

分解してピストンを抜き出していきますが

コレが思ったよりも抜けてこず苦戦!((+_+))

やっと抜けたピストン。

ピストンと共にキャリパー内も出来るだけ洗浄しておきます。

抜いたピストン。

洗浄して磨いてみると思っていたより綺麗でしたよ(^^)

キャリパー内もキレイに洗浄したら

ピストンに新しいシールとブーツを組み込んで

テストをしてみて問題がなければお化粧の為、このまましばらく待機!(^^)

リヤブレーキキャリパー&サポート

戻らないリヤのキャリパーを分解してみましたが

想像以上にピストンが抜けず大苦戦!(>_<)

やっと抜けたピストンはかなりサビに侵食されておりました(゜o゜)

キャリパーの入り口も同じくサビサビ!(ーー;)

う~ん(一一”)

磨いてもこのカジリ傷が深くて消えない(ーー;)

このピストンを再使用するにはリスクが高いと判断しましたので

新しいピストンを探します。

シリンダーの方も修正をしてみましたが

サビがかなり強固なので

「文明の利器」にて除去させて頂きましたよ(^_^;)

折角なので新しいスライドピン&シムを使います。

「差し入れ」新品のブレーキローターを装着。

お化粧したキャリパーサポートと新品のシムを組み付けます。

待ち焦がれた新しいピストンが到着!(^^)

先を見据えて「予防整備」として左右ともピストンを交換しておきます。

キャリパーに新しいシール&ブーツを組み付けたら

何度もテストして問題なければOK!(^^)

キャリパーサポートにブレーキパッドを組み付けたら

お化粧したキャリパーを装着して

サイドブレーキを調整すればリヤブレーキは完成!(^^)

しばらくお休みしていたフロントブレーキ。

お化粧したフロントキャリパーを装着!(^^)

新しいスライドピン&スプリング

キャリパーに組み付ければフロントブレーキも完成!(^^♪

マスターシリンダー。

脱着!

外したマスターシリンダー。

インナーパーツのヘタリが判りにくい箇所だけに

定期的にオーバーホールするのが吉かもです(^_^;)

分解&洗浄中!

シリンダー内はキレイでした(^_^;)

各インナーパーツを組み付けてオーバーホールが出来ましたら

マスターバック間のガスケットを交換して

マスターシリンダーをドッキング!

後はブレーキフルードをキレイに抜き替えたら

ブレーキのオーバーホールは完成!(^^)

最後にパワーロッキングハブを組み付けていきます。

洗浄したパワーロッキングハブ

潰れていたトルクスの皿ネジも新しくしておきます(^_^;)

そのネジでブラシの受け側を固定。

ガスケットをセット!

ブラシはまだ使えるので

少し調整しておきます(^^)

スプラインとブラシにたつぷりグリスアップしておきます。

パワーロッキングハブを組み付け!(^^)

泣かされた?コーンも新品に交換。

蓋をしたら

完成です!(^^♪

製作したブレーキパイプはサビ防止の為に塗装して

各ブレーキホースや

各パイプの接続部分にはフルード漏れが判るようにしておきます。

組み上がったらテスト走行へ行くのがお約束!(^^)

「実走行」してみないと判らねこともたくさんあります(^_^;)

ブレーキもいい感じになりました。

あとは普段使いして頂いてもう少しアタリがついたら

もっと良くなると思います。

工場へ戻ってきてから最終チェックしてみましたが

各部からのブレーキフルードの漏れも無いようですので

これにてご依頼された全ての作業が完了デス!(^^ゞ

かなりお待たせしましたがオーナーにも無事に納車させて頂きました。

(^^)

年式的にこれからも定期的なメンテナンスが必要になると思いますが

しっかり手を入れて頂いて出来る限り末永く楽しく乗ってもらえればと

オイラは思っております。

それじゃ~またな!

(^o^)丿

まいど!(^o^)丿 今回はエアコンの修理でございます。 何かしらの理由で他店での修理を断られたらしく 流れ流れてオイラの...

自動車の修理に関するお問い合わせは

☆hakkocars@gmail.com

もしくは

☆06-4308ー4818

までお問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

シェアする

フォローする