「振動 」(エンジンマウント交換)と「ATF交換」@ ダイハツ ブーン(M300S)【車検&整備@東大阪】

「パッソ ぷちぷち プチトヨタ!」(^^)

ということで

ダイハツ ブーン(M300S)でございます。

お客さんから

「オイル交換&12ヶ月点検」のご依頼を頂いたのですが・・・

点検前に少しテスト走行してみると何か「気持ち悪い?」(゜o゜)

よくよく観察してみるとシフトをDレンジのまま信号待ちしていると

微妙に不快な振動が入力されるんです。

元々「3気筒エンジン」なので振りやすいのはありますがどう考えても「気持ち悪い」。

おまけに走行しているとATの変速も「気持ち悪い」(^_^;)

どうも軽いショックが出てきてるみたいで

気になりだしたら「もう止まらない!」

なので

お客さんに「ありの~♪ままの~♪」オイラが感じたことを告げてみましたが

「すこ~しも悪くないわ~♪」というお答えが帰ってきましたよ(ーー;)

でも、これから先のことを考慮してお伝えしましたところ

お客さんにも御了承して頂きましたので

作業開始でございます!

(^o^)丿

現在の走行距離は「46,000km」ほど。

まずは

何かエラーが入力されていないか調べます。

各データーも見ていきます。

コンパクトな3気筒エンジン。

プラグ交換。

白金タイプのプラグはメーカーでは10万kmで「交換指定」していますが

半分にも満たない走行距離でコレだけチビッてます。

こんな状態で走行を続けていると遅かれ早かれ「IGコイル」が逝かれますので

早めのプラグ交換をお勧めします(^^)

エンジンオイル&エレメントを交換。

しかし、このエレメントカバーのドレンボルトが全く緩まない(>_<)

あの手この手でも緩まず。

最後は頭の六角がナメてしまった(ーー;)

やるせない(ーー;)

仕方がねぇので

チカラ技で外しましたよ(^_^;)

この潰れたドレンのフタ?だけ単品補給があったので注文。

すでに形が変更されておりました(^_^;)

やっぱりよく潰れたんでしょうね(笑)

フィルターも交換して

組付け!

見ないでおこうと思いましたが見えてしまった(笑)

リヤのライニングのリーディング側が激減りです(゜o゜)

分解中!

よくライニングを減っているほうだけ交換する人がいますが

オイラは両方「同時交換」を推奨いたします(^^)

グリスアップして組付けて

ブレーキ調整したら完成!

そしてここからは先般オイラが感じた「気持ち悪い」を取り除く作業をば開始でございます

(^^)

まずは「不快な振動」から

右側マウント

エンジンマウント(下側 新品)

上下を比較すると明らかに古い方は沈んでます。

ドッキング!(^^)

左側マウント

こちらは逆に下がってます

合体!

そして

リヤ側のマウント。

あんまり判りません(笑)

ドッキング!(^^)

全部交換してみたものの

これで本当に「気持ち悪い」が消えるのか?

それは後のお楽しみに置いといて・・・

お次は

「かる~い変速ショック?」を点検していきましょう!

なにわともあれ

まずは「ATF」をチェック!

量は「無問題」。匂いも「無問題」。

色はゲージではキレイに見えている(゜o゜)

いつものように

オイルパンのドレンからATFを抜きます。

抜きたてほやほやのATFを採取。

そして

ダイハツ純正の「新品」ATF!

比較してみると

見ての通り結構汚れてます(^^)

全部抜けたらオイルパンをば剥ぎましょう♪

オイルパンを剥いだらストレーナーが「こんちくわ!」

(^^)

ストレーナー脱着!

この時、更にATFが抜けますので

ATFを出来るだけこぼさないように受けて置いて

軽量カップにて抜けたATFの量を確認!

すると「約2.5L」程抜けたみたいでした(^^)

このブーンのATFの規定量が「5L」なのでATの中には約2.5L残っている

計算になります。それではさらに「ATF全量交換」に向かって行動あるのみ!

(^o^)丿

外したストレーナー

何かの粉?みたいなのがビッシリと詰まってました。

新品のストレーナー

合体!

外したオイルパン

お約束?

めちゃ銀粉まみれです!(゜o゜)

この汚れを取らずしてのATF交換は「ナシ」でしょう(笑)

キレイになったぜ!

あとはガスケットを交換して

仕上げはまだAT内部に残っってるであろうキチゃないATFさんを

油温をモニターしながら独自の方法で

キレイになるまでどんどん抜きましょう!(^^♪

最終的に抜けてくるATFが新油と変わらない位になりましたので

ほぼ全量抜けたと思いたい(^_^;)

そして走行テストにいきましたが結果は良好!(^^♪

Dレンジで信号待ちでもあの「気持ち悪い」振動はほぼ消え、

「気持ち悪い」変速ショックも完全に消えましたよ!(^^)

ほんと

思っていた以上に良い結果になりとても嬉しい!

ほとんど自己満足?の世界かも知れねぇですが・・・(^_^;)

最終的に各部からのオイル漏れがないのを確認しましたら

コレにて全ての任務完了!であります

(^^♪

今回のように

エンジンマウントのヘタリによる「振動」が最近多くなっており

特に軽自動車や今回のブーンなどの「FF車」「3気筒」エンジンにて

多発しております。コレもFF車のドライブシャフトブーツと同じで避けては通れない?

事象なのかもしれません(ーー;)

ということで

コレからも「安心」「安全」の為の「メンテナンス」に重きを置いて頂きまして

更なる楽しいカーライフを送ってくださいませ!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク