ニッサン セレナ(PC24)@ アライメントの測定・調整作業(左へ流れる)【車検と車の修理@東大阪!】

ある日のこと

「左側のドライブシャフトのブーツが破れているんで修理をお願いしたいのですが・・・」

とご依頼頂きましたのは

ニッサン セレナ(PC24)でございます(^^)

オーナー曰く

「ブーツ破れ以外にもう一つ気になることがありまして、実は走り出すと左へ左へとハンドル

が取られるのです」とのことなので

早速セレナくんに同乗させて頂きましてテスト走行に出かけることになりました

(^^)

走り出して直ぐにオーナーが言ってたように

確かに「左へ 左へ」ハンドルが取られて行き、とてもじゃありませんが

真っ直ぐ走れる状態じゃありません。

しかし、コリャひで~な!(ーー;)

「何時頃からこんな状態なのですか?」とオーナーに尋ねると

「もう何年も前からこんな状態です。常にハンドルを右に切りながら走ってます!」って

「ふふふっ(^^)」

あまりにも素敵な?アンサーにオイラ、不覚にも笑ってしまいましたよ(^_^.)

ということで

今回も始めるぞ~!

(^o^)丿

まずは足回りを簡易的に測定していきます。

左側と右側のホイールベースを測定しますがほぼ同じ!

そして

トーインは「アウトの5°」ほどでキャンバーは

右側が約「0°」

左側が約「ー1°」

セレナのフロントキャンバーの基準値が「0°14`+45`」ほどなので

総合するとフロント左側が「トーアウトでネガキャン気味?」

とにかくピットに入れて下から点検!

フロントの足回りはストラットなのでキャンバーの調整がやりにくい(ーー;)

となると「ロアアーム」が怪しいのですが見比べてもあんまり判りません。

下から点検して一つだけ判ったことは


ドライブシャフトのブーツが左側だけでなく右側もバックリ割れていたことでした

(゜o゜)

何気にタイロッドを見てみると

ハンドルが「左へ取られる」のを

何とかして「右へ行くように」した形跡がありました(゜o゜)

何処のどなたが作業されたのか知りませんがとても「乗り難い」状態なのに

「車検に通りさえすればいい」と考えての苦肉の策だったんでしょうか?

ほんとに残念なことです!(ーー;)

なので原因を更に追求していくと

(右側)

(左側)

左側のロアアームのブッシュだけが割れてきておりました。

もしかしてこのブッシュが原因でアームが動いたとしたら

物理的に「トーアウトでネガキャン」になるんじゃねぇ?(゜o゜)

ということで、このセレナオーナーにオイラの「推理」をお伝えして

了承して頂きましたので作業開始デス!

(^o^)丿

リフトアップ!

ブーツの破れも一緒に修理していきましょう(^^)

左側のロアアーム。

テンポよく分解していきますが

ロアアームとナックルとを繋ぐこの「ナット」が

もう少しのところで共回りして抜けてきません(ーー;)

最終的に「究極奥義」のオンパレードで



寒い工場内で汗だくになりながら抜きましたよ(+_+)

やっと外れたロアアーム

新品と比較してみますが「ブッシュ」の割れ以外はほとんど同じ。

コレを組み付けて

「左曲がりのダンディ?」が治るかどうかは神のみぞ知る!

(^_^;)

とりあえず先にドラシャのブーツから片付けます

出来るだけ「キレイ キレイ」しておいて

今回は分割式のブーツをチョイス!

反対側も組み付け!

しかしブーツを組み付けるよりもそこら辺に飛び散ったグリスを

キレイにする方が遥かに大変でしたよ(+_+)

後は

新しいロアアームを合体!

ナックルを組み付けたら完成!

車体をリフトから降ろしてピットにて

再度 キャンバーを測定!

約「0°!」(^^♪

そして

右向きへ意図的に弄られた?「トーイン」も再調整!

そのまま 何時ものようにテスト走行へ・・・

あの「左へ 左へ」グイグイとハンドルが取られていたのが

ウソのように消えました!ほんと良かった(^^♪

工場に戻り

最終チェック!

特に問題もなさそうなのでコレにて全ての任務が完了!(^^ゞ

もうコレからは右へ何度も何度もハンドルを切らなくても真っ直ぐ

走ってくれることでしょう!

(^^♪

クルマを「真っ直ぐ 走らす」

たったそれだけのことでも少しバランスが崩れると途端に右へ左へ流れてしまう。

ほんと「アライメント」って奥が深いです。

ありがとうございました!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06ー4308ー4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク