タイミングベルト交換!@スバル レガシィー (BE5)【車検と車の修理@東大阪!】 

2017年6月23日

スバル レガシィー (BE5) でございます。

ツーリングワゴンも良かですがセダンも良かです!(^^)!

しかも男の「5速!」(^^)

いい感じであります。

オーナーは遠い南の地からわざわざこんな「高級住宅街?」にある町工場まで来られて

ほんとご苦労さまです(^_^;)

今回のご依頼は

「例のアレ?なんですが距離的にはまだまだなんですが年数からいっても交換しといたほうが(安心)かと」

換えたい時が交換時期!(笑)

それじゃまいりましょ~( ̄▽ ̄)ノ

ハイ、毎度毎度の「水平対向エンジン」でございます。

後付けのセンサーのおかげでオルタが動かず、ベルトが外れない為にオルタ脱着です(´△`)

何故か?片バンクのインテークのカムプーリーだけが「金属製」で後は「プラ?」

しかもオイラ、このプラのプーリーが欠けたりして今まで何回も泣かされてますよ。

スバルの水平対向の「鬼門」だとオイラは思ってます(´△`)

タイミングベルトがコンチクワ!(^^)

左バンク

右バンク

これが「鬼門」のカムプーリー。このプーリーを外すのにボルトがメチャ固く

プーリーを固定するのに「SST」を使うのですが・・・・・

しっかりSSTをかけているにも係らず緩める時に

このプラのプーリーが割れたり欠けたりして

ブルーになったことが何度かあり(+_+)

その度に「なんで金属製にしとけへんのじゃ~!」と思ったことか(`・ω・´)

オートテンショナー。結構漏れてきておりました。

ウォターポンプ&サーモスタット&ホース

折角なんでホース関係も交換しませう!(^^)

クランクに結構サビが・・・(゜o゜)

オーナーが海辺の近くみたいなので それが影響してるのかも。

「サビ」恐るべしっす!(; ̄д ̄)

ある程度サビは落としておきます。

オイルシール打ち替え!

ウォーターポンプの取付け面をならします。

組み付けます。

この状態で

プラグも交換!

中のオイル?が漏れてきてます。

どんどん組み付けていきます。

サーモスタットも交換

ベルトも張って「ひと安心」 ( ̄ー ̄)

カバー装着!

オーナーから差し入れの「ラジエター」

元のラジエターから電動ファン等を移植!

ここも後からよく漏れるので水ホース交換。

全部組めたら秘密兵器?で冷却水を注入してエアー抜きします。

オーバーヒートしないようにテスターで水温を見張ります ( ̄ー ̄)

そして

いつものテストコースで様子を見て

ピットから下回りをチェック!

漏れや異音がないのを確認したら

全ての作業が完了です!

( ̄ー ̄)

待ちわびる

B4オーナーにも無事に納車させていただきました。

これで「安心」して「安全運転」で乗ってもらいましょう!

(^^)

しかしこのB4、乗るとすごく良いです( ̄▽ ̄)ノ

やっぱりオトコの「5MT」?だからかわかりませんが (笑)

これからも末永くお付き合いくださいな!

( ´ ▽ ` )ノ

自動車の修理に関するお問い合わせは

hakkocars@gmail.com

もしくは

06ー6781ー1818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

★最新の

町工場 奮闘記 【車検と車の修理@東大阪!】は

http://hakkocars.com/  より 配信中?

是非 ご覧くださいませ!

(^^)v