町工場 奮闘記!@ New World

過去から未来へ・・・・・

異音?水漏れ?オイル漏れ? @ スバル レガシィー (BG5) 【車検と車の修理@東大阪!】

time 2014/04/25

今回は

スバル レガシィ(BG5)でございます。

ある日のこと オーナーから連絡があり、

「エンジンからガラガラ音がしてるので診てもらいたいのですが・・・」(^_^.)

ということで来社して頂きまして早速「点検&診断!」

結果、

「オルタネーター」から異音が発生!(-_-;)

なのでオーナーに連絡。

オーナー「ついでに?タイミングベルトの交換&オイル漏れも直してください!」

オイラ「了解!(^^)>」

ということで

それじゃ~ いってみましょう~!

(^o^)丿

とりあえず

リフトアップして

下から見てみると・・・・・・

アンダーカバーがベタベタ。(-_-;)

カバーを外してみると

いろんなところがベタベタでしたよ(-_-;)

それと

前から少し冷却水が減っているとのことで

テスターで圧をかけます。

ウォーターポンプ&バイパスホースから漏れてきました (-_-;)

オルタネーター脱着

分解

ブラシはまだいけそうですが

コイルの絶縁が逝かれかけてます(+_+)

異音の原因は

ベアリングが逝ったというよりもケースがガタガタになってました(+_+)

たぶん以前に何度か?リビルトされたモノじゃないかと思われますが

ホントのところはわかりません (^_^;)

今回は「日立製」でいきましょう!(^^)」



どんどん脱がしていきますぜ!



タイミングベルトとご対面!

ちなみにこのレガシィさま、

30万キロオーバー!

オイラのところでは初めてですが

実に「三回目」のタイミングベルト交換です。すんばらすい!(笑)



バラシていくと

カムシールからメチャ漏れてました (-_-;)


クランクからも漏れてきてます。


外せるものは出来るだけ外します。

年式や走行距離を加味してホース関係も出来るだけ交換です。


キチンとオイル交換してらっしゃるみたいで(笑)

カム周りはとてもとてもキレイ!(^^)

しかし、

タペットカバーのガスケットを交換しようとしましたが

オイラの前に作業したところが「コレデモカ!」っていうぐらい

「液体ガスケット」を塗りたくってました (+_+)


おかげで液体ガスケットを除去するのにかなり時間がかかりましたよ!(-_-;)

漏れるのが怖いのはわかりますがたくさん「塗ればいい!」ってもんじゃねぇっす!(-_-;)

逆に右バンク側はほとんど塗ってなくてしかも必要なところにも塗ってませんでした (+_+)

それとそこらじゅうに液体ガスケットの塗り残し?があって

「ええかげん!」な仕事っぷりに閉口ですわ!(`´)


出来るだけキレイにしてパッキン関係も交換!

プラグも交換したら

組み付け

ウォーターポンプ交換時は出来ればこのホースも交換しといたほうがいいです。 (^_^.)

オイルポンプも脱着!

このOリングを交換!

しかし、ここも必要以上に液体ガスケット攻めされてました(笑)

オイルポンプ組み付け!

クランクシール 打ち込み


左バンク


右バンク

カムシール 打ち替え。



折角なんで レベルゲージのOリングなんかも交換しときます (^^)


ウォーターポンプ&ホース 交換


サーモも交換!

そして





水ホース・油ホースだけでなく

触れば触るほどブローバイホースやバキュームホース関係が

割れたり折れたりするので

オイラの心も?折れましたよ (T_T)


やっとここまできました (^^)

でもって

タイミングベルトを組み付けていた時にふと気づいたことがありました !(^^)!

前回の作業時の組み付け方がよく見るとなんか違うかったり・・・・・(笑)

やはり基本は大事ですよ(^^)

オイラの経験値がまたひとつUP!しましたよ。サンクスです !(^^)!


どんどこどん!



ラジエターも少し怪しかったのでオーナーと協議の結果、交換です!

冷却水をどんどんまわします (^^)

そして いつものテストコース?にていろいろとチェック!

エンジンもいい感じで吹け上がるし音も振動も問題なし。

定期的にキチンと手をかけてあげれば長く乗り続けられる良い例だと思います(^^)

これから40万kmオーバーを是非目指してもらいましょう!

最終的にオイル&水漏れないのを確認。

オイルや水がたつぷり染み込んだアンダーカバーを交換したら

任務完了です!(^^)

そして後日・・・・・

オーナーからメールにて連絡があり

「エンジンがメチャ静かになりました ありがとうございます。あれから調子良く走っていたのですが・・・」

???

「信号待ちでエアコンONしたままDレンジで待ってるとエンジンが振るんです」(-_-;)

マジっすか? (-_-;)

ということで

即 再入院してもらいました(-_-;)

オーナーに 現象が出るようにいつもと同じようにしてもらうと

エンジンルームから「パチパチッ!」とエンジンのハンチングと

同期して聞こえました。

おかげですぐに原因がわかったので修理します



右バンクのフロント側が逝ったみたいです (T_T)

タイミングベルト交換のときにやってりゃ~よかった・・・(T_T)

オーナーと協議の結果

IGコイル全交換。

追加で



ボロボロだったインシュレーターも交換!

いろいろありましたが

これにて

全ての作業が終了であります。

おつかれさまでした!

(^^)/

 

自動車の修理に関するお問い合わせは
★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)
もしくは
★06-6781-1818
まで お問い合わせくださいませ!
<(_ _)>

 

★最新の

町工場 奮闘記 【車検と車の修理@東大阪!】は

http://hakkocars.com/  より 配信中?

是非 ご覧くださいませ!

(^^)v

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

店主

店主

大阪の町工場で 日夜 自動車修理に明け暮れている  アラフォー+α でございます。孤軍奮闘している姿を是非 ご覧くださいまし!(^^)

sponsored link

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ささやき

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ