走行不能?@ 三菱 トッポBJ【車検と車の修理@東大阪!】

ある日の昼下がりのこと、

「突然、前にも後ろにも動けないようになったのですが?」と

オイラのところへ連絡が入りました。

取り敢えず原因もわからないし場所も遠方なので

レッカーでこちらまで運んでもらうことに

(^_^;)

おクルマは「三菱 トッポBJ」でございます。

オーナーに詳しくお話しを聞きますと

「ちょっと前からたまにATが滑ってる?ような感じがしてた。

今日も朝から買い物に行って何の問題もなく走っていたけど

駐車場に5分くらい置いていざ発進しようとしたら

前にも後にも全く動かなくなった」とのことです。

それじゃ早速診ていきましょう(^o^)丿

まずはリフトアップしてATをDレンジにします。

すると

「前輪が回ってません」(゜o゜)

ていうかドライブシャフトだけが空回りしてましたよ!

なので分解して原因を突き止めます!

この時点でドラシャだけが回っており「ハブ」が回ってません。

しかも金属の粉がいっぱいです。

上記のことを踏まえてフロントハブの故障と判断しました。

更に分解していきましょう!


見た感じ、何ともない感じですが鉄粉だらけです。

外した「ハブ」(゜゜)

ドラシャの入るスプラインの溝が消えて完全に失くなってました(゜o゜)

あのたくさんの鉄粉はスプラインの削れたものでした。

これじゃ車輪も回りませんわ

(ーー;)



全部分解していきます

きちゃないグリスは洗浄して


新しいグリスを注入してからロアアームのブーツは交換します。

そして

ドライブシャフトは再使用出来ると思いましたが

結局、スプラインが傷んでおり断念。

(>_<)

リビルトで対応します

新品のハブ&ベアリング(左側:新品)

本来、これだけスプラインの溝がアリマス。


「合体!」って感じですが

実際はベアリングにドラシャのシャフトを入れるのに

メチャ苦労しましたよ(ーー;)


タイロッドエンドのブーツも交換。


ブレーキもガタガタでしたのでオーナーの依頼で

ローター&パッド&ブレーキフルードも交換!

全てを組み付けたら

エンジンを始動してATを「D&Rレンジ」へ・・・

おおっ!当たり前ですが今度はちゃんと車輪が動きましたよ(笑)

そのまま外へテストドライブへ行き

「前にも後ろにも」動くことが出来るのを

確認しましたので

コレにて完成ダス!

(^^♪

引渡しの時にオーナーから

「距離も距離やから乗替も考えたけども気にいってるから

やっぱりまだまだ乗るわ。ありがとう!」と

コメントを頂ました(^^♪

どこまで乗られるのかはわかりませんが

そういうオーナーの「乗りたい!」という思いに

こちらも少しでもアシスト出来ればと考えております

でわでわ!

(^^)

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメ ありがとうございます (^-^)

    原因は定かではありませんが 材質不良?もしくは
    焼入れ不良?かと思われます。 スプラインによって
    常に密着して駆動を伝えなければならないものですが
    スプラインが減って隙間が出来てそれがだんだん大きくなって・・・。 と推察しておりますデス。

  2. Unknown より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは
    いつも読ませてもらってます
    私は車素人ですが、こんな故障あるんですね~
    原因はなんなんですかね?