クーラント漏れ修理 @スバル レガシィ(BH5)【車検と車の修理@東大阪!】

今回入庫してきましたのは

スバル レガシィワゴン(BH5)であります(^^)

オーナーからのご依頼は

①エンジンからのオイル漏れ

②ATFの交換

③デフオイルの交換

でございます。

只、この車が入庫された時に「クーラント」の焼けた匂いが

しておりましたのでオーナーには「水漏れ」の可能性もお伝えしました。

オーナーからも冷却水をたまに「足してる」とお聴きしましたので

水漏れはほぼ間違いないでしょう!

それではいきましょ~!

(^^)

まずはリフトアップして水漏れを点検。

しかし、意外と漏れ跡が見当たらないので

テスターにて点検!

するとどうでしょう(^^)

ラジエターのアッパータンクからジワーっと漏れてくるではありませんか(笑)

思った通り水漏れ発見しましたので即オーナーに連絡。

オーナーから新しいラジエターが送られてくるのを指折り数えて待ちます(^_^;)

その間にエンジンからのオイル漏れをば修理します。

オイルの漏れは「持病?」でもあるタペットカバーのパッキンからでした。

まずは右バンクから。

分解してわかったのは「オイル管理」の行き届いていることです。

このクルマに対するオーナーの姿勢がよくわかりました。

パッキンを交換して組み付けたら

お次は左バンク。

こちらは右バンクと違って邪魔するものが多く

かなり大変(>_<)

こちら側も中はとてもキレイ!

気持ちいいです。

外したパッキンはカチカチでした。

そりゃ漏れますって(^_^.)

オイルの注入口のOリング

組み付けます。

そして

ラジエターが届きました。

早速、交換しましょう!


古いラジエターを脱着!

新しいラジエターに電動ファンたちを組み付け

ついでにサーモスタットとラジエターホースも交換

元通りに組み付けて水を張ったら

「ATFの交換」に移りましょう。

まずは「お約束」のATFの汚れっぷりチェックです。


お約束の真っ黒でした(゜o゜)

ちなみに

右の新油と比べてみるとこんな感じ。

オイルパンを剥いで



オイルパンの鉄粉除去と液体ガスケットを除去(これが一番大変!)(>_<)

そして

銀粉まみれの「ストレーナー」も勿論交換!

こちらも液体ガスケットをキレイにして

組み付けます。

ATF~ラジエター間のホースもカチカチなんで交換しましたよ

(^_^.)

全てを組み付けたら

エンジンを始動してオイル漏れ・水漏れ・ATF漏れを確認。

水温・油温等をモニターして問題がなければOK!

あとは


フロントとリヤのデフオイルを交換して

テスト走行!

特に何も問題はないみたいなので

完成ダス!(^^)

そして

待ちわびるオーナーのもとへ無事に戻って行きました。

(^^♪

日頃の「メンテナンス」をキチンとすることによって

機械の「集合体」であるクルマはちゃんと応えてくれます。

クルマを使用するにあたって

「安心」「安全」を得ようとするのであれば

しっかりとメンテナンスしてあげてくださいませ。

(^^)

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク