カーエアコン修理 顛末記 @ スズキ ワゴンR(MC21S)【車検とエアコン修理@東大阪!】

確実に世の中は

「秋の気配」がしてきてるいるようですが

まだまだ蒸し暑い日が続く

ココ大阪

(^_^;)

相も変わらず此方では

カーエアコンの修理に明け暮れておりますデス!

そして今回のマシーンは

スズキ ワゴンR(MC11S)であります。

現在の走行距離は約97,000KM。

「エアコンの冷えが悪い」とのことで来社(^_^;)

とりあえずゲージを入れて各部を点検しますと

明らかにエキパン付近からガス漏れしている感じ(゜o゜)

オーナーに

「エキパンからガス漏れしているのは確実ですけどゲージから判断して

コンプレッサーも怪しい。どうします?」と問いかけますと

「エキパンだけとコンプ交換の二通りの見積もりをしてもらえませんか?」と

言われましたので見積もりを2パターン作成。

しかし

数日後、このオーナーから電話があり

「なんかワゴンRのエアコンをONにしたら異音がしてコゲ臭い?」と聞いたので

「たぶんコンプレッサーがロックする寸前なので暑いですけどエアコンのスイッチを

切っといて下さい!」とお答えしました(^_^;)

そして

「まだまだこのクルマに乗りたいのでコンプレッサー交換の作業をお願いします」と

オーナーから依頼を頂きましたので

急遽入庫することに・・・

(^^)

エアコンのコンプレッサーです。

軽自動車もこんなに室内が大きくなってるのに

コストの関係かは知りませんがコンプレッサーは小さいまま・・・

そりゃ冷えも弱いですって。

脱着してみると「鉄粉」がかなり出てるので

エアコンシステム「全バラ」でいきます。

リキッドタンク(左:新品)

交換します。

クーリングボックス脱着

分解

エバポ&エキパン(左:新品)も交換!

サーミスタも交換。

配管&コンデンサーも脱着して出来るだけ全てキレイに洗浄して組付け。

Oリングも全て交換して

リビルトのコンプレッサーを組付ます。

全て組み付けたら

真空引きをして一日放置プレイ!

そして

全ての準備が整いましたらガスチャージしていきます。

この日の外気温は33.6度

アイドリング状態でコレだけ冷えればいいでしょう。

しからば実際にロードテストに出かけます。

走っている時は吹き出し口で7度を割り込みますのでかなり涼しいですが

Dレンジで渋滞に掴まると少し冷えが落ちます。ですが

この日の気温との差を考えたら十分冷えています(^^)

ココまでは無問題でしたが

ずっと渋滞にハマっていると急に吹き出し口の温度が

急上昇し吹き出し口のところで18度ぐらいに・・・。

暑くて熱くて(>_<)

先程までの「快適」なロードテストが急に「不快」になりましたよ!

すぐに工場に戻り原因を調べると

まさか まさかの

交換したリビルトのコンプレッサーが圧縮不良をおこしておりました(゜o゜)

すぐにリビルトメーカーの担当に連絡すると

「OOOは交換されてますか?OOOはどうですか?」といろいろ聞かれ

「当社もちゃんと検品してるのでこんなのは初めてです」と言われました。

オイラは

「御社に言われたパーツは全部交換済み。こちらはゲージを見て判断してる etc」

すると担当の方はオイラの話を理解してくれたので

「今日今すぐに発送しますので申し訳ないですがしばらくお待ちください」と

素早い対応をしていただきました。(^^)

お陰で次の日の朝には代替えのコンプも届きまして

二度手間にはなりましたが無事に組付けてロードテスト再開!

今度は無問題でしたので

すったもんだしましたが

コレにてエアコン修理完了であります!

(^^♪

まだまだ暑い日が続きますが

これで快適に過ごせることでしょう。

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます

    昨日は すったもんだしましたが(笑)

    これに懲りず これからもよろしくです。(^O^)

  2. 加藤 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    急遽呼び出してしまい、申し訳ありませんでした。

    球交換方法も分かってよかったです。