オーバーヒートに御用心!@ マツダ アクセラ【車検と修理@東大阪!】

ギラギラと

絶え間なくオイラを苦しめ続けた「今年の夏」も

気がつけば

何事もなかったように過ぎ去ろうとしております(^^)

そんな季節の変わり目にまどろんでいたオイラのところへ

突如!「赤い彗星」がやってきました

(゜o゜)

0725ccabfb97f311952d7a3927a05eae

「シャア専用」マツダ アクセラであります(^O^)

オーナー曰く、

「エンジンルームからいつもと違う音がするようになり、しばらくすると

エアコンが急に冷えなくなり水温計の針がいつもより上がってる」とのこと。

お話しを聞いたオイラは

「それは逆にオーバーヒートが原因でエアコンが冷えなくなっているんですぜ!」と

オーナーにお話しました(^_^;)

このままでは危ないのでお車を預かりまして早速、故障探求の旅に・・・

まずは

0d973dddcf4ae8782c3269057859f712

d7f5d4d6e6d5e5b47cbf7ba26beb5ab5

エンジンルームをチェック!

4a60e2290e2d17b68c647ea2013febfa

するとラジエターの電動ファンが

モーターが焼き切れる?ぐらいの超絶スピードで回転してましたよ!(笑)

お次は

51271501b52479b9802e57bfa6e14302

メーターを見てみると

確かに水温計の針が真ん中よりも上がっており確実にオーバーヒート気味です。

なのでテスターを入れてデーターを見ると

774b4769487b3965788cd4cf708c40e5

「116℃」(゜o゜)

「危険ゾーン」へ後一歩のところで制御してました。

ある意味素晴らしい!(^_^.)

危険を察知した自動車の頭脳である「ECU」が

これ以上オーバーヒートをしないように、エンジンが壊れないように

必死で先程の「電動ファン」を全開で回していたのでした。

何にせよ!アクセラくん、よく頑張った!(^^)

それに「車の様子がおかしい」と感じとったオーナーの判断も良かった!

おかげで「大難を小難に」することが出来たのですから(^O^)

ということで

「どんどん ドドン!」と原因を追求していきます。

見た限り水漏れはないみたいなので考えられるのは

「サーモスタットの開き不良」が濃厚です。

ce90e600e8b19a2374b28c75eda46167

非接触の温度計を使って計測してみると

サーモケースの前後で「約15℃」近い差があり

これを踏まえてサーモスタットの故障と判断!

オーナーに了承をいただきまして作業開始デス!

(^^)

3a59ef231aed66b5847d59006e9f4ebf

b7c6aa73ef422bd0a08a321047889c79

8a9c814f0a1fe0e97af731f2cc692ae5

3436d9f24cc61b34f797bd3e4f54ee32

コヤツが「サーモスタット」でござりんす

これを

1181e42d9fe6adba40c72a3d0415d208

「五右衛門風呂」に入れて規定温度で弁が開くのか?テストします

ちなみにこのサーモの基本スペックが

「開き始め84℃~全開時97℃」の設定になっております。

そして

fe53655c8f1eeb16d801c4f6ff356d4e

水温が「100℃」近くになりましたので

サーモを取り出すと・・・

11416e06fb359f0dcf8e6e210a6f3c49

「全く、全然、これっぽっち」も弁は開いていませんでしたよ!(ーー;)

完全にご臨終。よくコレで耐えてたもんです。

d60421a2da44553b87854511ffcb0248

7d314357252aef1e53b80213fa3831ee

右が「新品」のサーモスタット。

水パイプ付のコレを

2521530a0994e7f50ac2b0054b0e8596

組付ます。

03ea6e178a62ed4a8ee6fcf9e5de368f

ホース関係も組み付けていきます。

が、しかし

ココでアクシデント発生!(゜o゜)

e95097c079a64d02625c2e99395d1694

組み付けた元々のバイパスホースから水漏れがぁぁぁ(ToT)

「やっぱりホースも交換しといたらよかった」っていうのは後の「カーニバル!」

仕方がないので

1c198fbbba9e1717fe164619e0a9166a

f15ea07cccbb03bca1e3edc6fb517573

バイパスホース入荷!

baf8e9b864ed1e3b6fb9187504505be5

ホースを交換!

36a4277d710978625027187a1e04e7b0

ドレンコックも新しくして

冷却水を入れてエンジンを始動させます。

そして

d35429b848845f85e98a1635585be6d2

水温が「100℃」になった瞬間、

7a8f6f421f242b2621a7660867c2a997

電動ファンがやさしく回り

0d9e519c4c2b2e72588c52dff8641854

水温が「96℃」ぐらいまで下がると止まり、また「100℃」で

回りだすようになりました。

もうあんなに「超絶」に回ることはありません (笑)

オーバーヒートもなくなり水温計も定位置に (^^♪

そして思ったとおり「エアコンの冷え」も元に戻りましたので

これにて一件落着!

7e9950c713d579416059b7ebdc006f25

「赤い彗星」なアクセラは

無事にオーナーの元へ戻っていきました。

(^^♪

最近は

コスト削減の為か知りませんが

水温計の「針」が無いクルマが多く、オーバーヒートしたら

突然赤いランプが点灯するタイプが主流みたいなんですが

オイラは好きではないです(ーー;)

昔からのアナログな「針タイプ」であれば今回のように水温が上がってくるのが

見えるのでよっぽどズボラな人以外は気づきやすいと思うので

危険を回避出来る確率も上がるように思うからです。

なにわともあれ、

クルマが機械である以上、定期的な「点検」&「メンテナンス」は本当に大事です!

それによって今回みたいに「大難が小難に」なることも多々あります。

それともしオーバーヒートを起こしたら

できれば「エンジンオイル・エレメント・冷却水」は交換したほうがいいと思います。

余裕があれば「ATF」も交換すれば尚いいかもしれません(^_^;)

なんにせよ

「オーバーヒート」はその度合いによって

エンジンに「大きく 深く」ダメージを残しますので

くれぐれもお気をつけくださいませ!

(^^♪

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク