町工場 奮闘記!@ New World

過去から未来へ・・・・・

エンジンのチェックランプ点灯?@ホンダ ステップワゴン(RF3)【車検と車の修理@東大阪!】 

time 2012/07/12

ある日のこと、

お客さんから

「急に エンジンのカタチした黄色いマークが点灯した!」と

ご連絡いただきました。 ただ、夜も遅く

今のところ 走行に問題はないみたいでしたので

そのまま帰宅してもらい

次の日の朝一番に 車を引き上げに行きました (^^)

しかし、

オーナーのいうエンジンのカタチをしたランプは点灯してません。

ラチがあかないので

工場に持って帰ってきました。

今回の患者は

ホンダ ステップワゴン RF3 であります。

まずは 簡易テスターをつないでみます。

すると

エンジンの「ノックセンサー」がダメだぜ!と 出てきました(゜o゜)

たぶん 間違いないとおもいますが

折角なので 違う診断機でも診てみます。

やはり ノックセンサーの不良を表示しています。

ということですので その「ノックセンサー」ってやつを やっつけましょう!

まずノックセンサーを探します。

どうもこのインマニの下側にあるみたいですが

エンジンルームからのアクセスはこのままじゃ どうみても不可能に近いです(゜o゜)

なので

リフトアップして 下側から攻めます。

こんなところにいました!(゜o゜)

早速 外そうとしましたが

水まわり関係が邪魔をして 微妙に作業しにくい(ーー;)

それでも なんとか外しました。

右が外したノックセンサー。左は新品!

エンジンの燃焼状態を見張ってる大事なセンサーです。

新しいセンサーを 組付けます。

そして

故障コードを

消去!

しばらく走りこんでみて 別段調子の悪いこともなく

エンジンのカタチをした 「チェックランプ」も点灯しないのを確認。

これにて一件落着! でしたが

よくみなくてもいいのに(笑)

サーペンタイン式のベルトが切れてきていたのがみえてしまった・・・(^_^;)

なので ついでに交換します。

しかし、このステップワゴンといい

オデッセイといい、エリシオンといい

ホンダのベルト関係は なんでこんなに やりにくいのでしょうか?(ーー;)

まだ このステップワゴンは「マシ」ですが

もしかしたら やりにくくするのが 「技術」だと思って開発してるのでしょうか?(ーー;)

ほんまに一度でいいから コレ作った人に目の前で簡単に作業できるかどうか

やらせてみたい (`´)

しかし、このベルト一本切れただけでも 大騒ぎになりますぜ!(^^)

組付けして 完了です!

(^^)v

このステップワゴンもですが

最近、ホンダ車の「エンジンチェックランプ」や「エアバック警告灯」等の

点灯で入庫してくるのが多いです。

O2センサーのヒーター関係なんかが多いですが

時には 自走も出来ない程の深刻な故障もありますので

もし愛車のメーター内の「警告灯」が点灯したら ほったらかしにせずに

すぐに診断機のあるところで 診てもらってください。

後悔は先に立ちませんので・・・

(^^♪

 

自動車の修理に関するお問い合わせは
★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>

 

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

店主

店主

大阪の町工場で 日夜 自動車修理に明け暮れている  アラフォー+α でございます。孤軍奮闘している姿を是非 ご覧くださいまし!(^^)

sponsored link

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ささやき

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ