町工場 奮闘記!@ New World

過去から未来へ・・・・・

カーエアコンの修理で快適に!@ 三菱デリカ スペースギア(PD6W)【車検とエアコン修理@東大阪!】

time 2012/06/28

ここんとこ

夏に向かって じりじりと「暑さ」が増してきており

オイラたち「メタボー」には

とても辛い季節になってきました. (^_^;)

それと同時に

車のエアコン修理も増えてくるのが 世の常であります。

今回の患者は

三菱 デリカ スペースギア(PD6W)でございます。

遡ること ちょうど一年前に

「エアコンが冷えない」とのことでご来店!

カーエアコンのシステムを診断した結果、

少しガスが減っていたので「ガス漏れ」があることをお伝えして

フロンガスと蛍光剤をほりこんで 様子を見てもらうことに・・・。

そして 今年になって

「またエアコンの効きが悪くなったので診てほしい」とご連絡いただきました。(^^)

詳しくお話を聞くと

「フロント側は冷えたり冷えなかったりして リヤだけが冷えてる?」とのこと。

また オーナーは少しばかし メカに詳しい方なので

「なにかフロントの温度センサーがダメになったんじゃないか?」とご指摘いただきました(笑)

早速、お車を預かり 診断していきます。

このデリカ スペースギアは フロントとリヤに

別々にエアコンシステムがある「ツイン エアコン」です。

まずエンジンをかけて エアコンをON。

フロント側&リヤ側 ブロアー全開にしますが

オーナーが言ってたとおり フロントからは温い風しか出てこず

リヤからは冷たい風が出ております。

確かにこれでは運転席と助手席の人は 暑くて乗ってられません。 (>_<)

なので 「低圧パイプ」のところを点検。

すると リヤ側の冷えているほうは 水滴が滴っておりましたが

フロント側は全く水滴がありません。

これである程度絞り込めます。

次にゲージを入れてエアコンの状態を確認。

低圧側が「ハンチング」しておりました。

この時点で オイラはフロント側のエキパンの不良と判断!(゜o゜)

早速、バラしていきます!

バッテリーを取っ払い、パイプを切り離します。

室内の

グローブボックスの周りをバラしていきます。

クーリングユニットを脱着!

エバポにもべったりとホコリ?がへばりついてます。(゜o゜)

ケースを分解!

これがよく言われている「エバポレーター」とその仲間たちです。

そして

真ん中に見えている黒い物体がエキスパンションバルブ、

通称「エキパン」であります。

なんだか エバポのベッタリしてるのが気になったので

特殊なメガネ?で見てみると

エバポのフィンのあちらこちらに「蛍光剤」が散らばってました。

これで「ガス漏れ」が 確定!(^^♪

即 オーナーに連絡!

エバポの交換も無事に?了承いただきましたので

新品のエバポ(右側)ゲット! (^^)v

左側の使用済みのエバポと比べてみてくださいませ。

どれだけ埃や髪の毛やペットの毛 等 がベッタリへばりついていることか・・・

これはまだキレイ?なほうですが 酷いのになると

ホコリが層になって 風が出てこなくなります。

そして ココを通った風が 皆さんの「顔や鼻や口や足や身体」に・・・・・(^_^;)

コヤツが元凶の「エキパン」くん。

エバポに 組付けます。

さらに

ついでに サーミスタも交換しときます。(後で簡単に交換できませんので)

元通りに組付けします。

そして

もちろん 「リキタン」も交換します。

これは活性炭の入った「フィルター」なので 作業内容によっては

必ず交換します。コレ大事です (゜゜)

全部 組付けが完了しましたら

時間をかけて 真空引きをします。

真空引きが出来ましたら この状態のまま

放置プレイ。これがポイントです。(^_^;)

そして

次の日に漏れがないのを確認したら

ガスをチャージしていきます。

吹き出し口に 温度計をセットして

ガス圧と内外の温度及び湿度を見ながら 調整していきます。

ドンドン下がっていきます。

ガス圧もいい感じです。

アイドリング状態で フロント&リヤのエアコン全開、窓全開で

これだけ冷えれば 問題ないでしょう(笑)

なので

これにて デリカのエアコン修理が完了!

オーナーに修理内容を報告!して無事に納車しました。(^^)v

デリカのオーナーから後日、

「エアコンって こんなに冷えるんやな?(笑) 寒いくらいやわ!ありがとう」って

お礼を言われました。(^^)v

これで これからの夏は快適に! 海へ山へと出かけちゃってくださいな!

(^o^)丿

これからオイラには辛い「暑い夏」が やってきます。

そして みなさまにも 熱い夏は平等にやってきます。

なので エアコンが故障してるクルマは

車内で「熱中症?」になる前に キチンと修理して

快適!に お乗りくださいませませ!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com 

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

店主

店主

大阪の町工場で 日夜 自動車修理に明け暮れている  アラフォー+α でございます。孤軍奮闘している姿を是非 ご覧くださいまし!(^^)

sponsored link

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ささやき

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ