定期点検&メンテナンス! @ トヨタ クラウン(GXS12)【ATF交換・漏れ修理】

まいど!(^^)

月日の経つのは早いもので今年も残すところあと一ヶ月となりました。

オイラのとこじゃ今年は年始からずーっとバタバタしており、しかも

いろんなイベント?が目白押しで大変でしたよ!(^_^.)

だけども何とか野を越え 山を越えて来れたのも

いろんなカタチで支えてくれた皆様のお陰。

ホント感謝感謝でございます!<(_ _)>

ということで今回も

「町工場 奮闘記!」

はじめるぞ~!(^o^)丿

トヨタ クラウン(GXS12)でございます。

オーナーがアシ代わりに購入して以来、あまりの出来の良さに

いつの間にかどっぷりと「ファーストカー」になっている珠玉の一台(^^)

現在の走行は147,000ケロほど。

これからも更に安心して乗れるように

「点検&メンテナンス」のご依頼

(^^)

まずは

セルモーターを交換します。

簡単に外れると思ってたら、そんなに甘くはなかった・・・(ーー;)

外れたセルモーター。

とりあえずセルはこのまま放置。

そして

エンジンの水まわりのホースを交換していきます。

ヒーターホースを外します。

エンジンのリヤ側ホースも外し

この水ホースを抜くのがめちゃめちゃ大変(>_<)

何とか抜いた!(ーー;)

水ホースにコック、パイプなど。

新品のパイプ

新品のコック

水ホースも新品に交換!

抜くのが大変だったホースは入れるのも大変ダス!(ーー;)

サーモスタットを交換しようとナットを緩めたら・・・

ほんまに勘弁してくんさい!(>_<)

新品のスタッドボルトがあったのでひと安心!

スタッドボルトを抜き替えてサーモスタットを交換!

Ok!(^^)

ラジエターのドレンOリングも交換したら

オーナーから差し入れのセルモーターを

ドッキング!(^^)

冷却水を張ったらエンジン始動!

水温が安定して水漏れがないのを確認出来たらOK!

お次は

パワステフルードの抜き替え。

ラック本体から抜き出して

キレイになったフルード。

漏れがないのを確認したら完了!(^^)

そして

フロントのスタビライザーリンク。

新品のブッシュに組替え!

そして

きちゃないブレーキフルードも

入れ替えましたよ!(^O^)

お次は

AT本体のリヤ側から少し漏れてきているので修理します。

抜いたATFはそこそこ汚れておられます。

剥いだオイルパン。

前回の交換から5万kmほど走行しておりますが思ったほど汚れておりません(^^)

キレイにしておきます。

ストレーナーは同時交換です。

オイルパンを取り付けたらペラシャフトを外し

リヤのハウジングも外します。

オイルシール打替え。

ハウジングも洗浄!

ガスケットは必ず新品に交換しましょう!

キレイに洗浄したら

ハウジングを取り付け!(^^)

全部組付けたら

ATFをキレイになるまで抜き替えてあげます(^^)

したれば

テスト走行へ!(^O^)

ATの油温も水温も安定。

スムースな走りを堪能して

最終的に

水漏れ&オイル漏れがないのを確認出来ましたら

任務完了であります!(^^)v

そして

待ちわびるオーナーにも無事に納車させて頂きました。

年月が経ち、距離が伸びても

キチンと定期的にメンテナンスしてあげれば

クルマはいつもオーナーの要求に応えてくれるはず?

そうオイラは考えております。

それじゃ またな!

(^o^)丿

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>