タイミングベルト&ウォーターポンプ交換! @ トヨタ ノア (SR40G)【車検と車の修理@東大阪!】

2017年6月23日

オイラのところへ やってきたのは

トヨタ ノア (SR40G)でございます (^^)

以前に「ブレーキ関係」をば オーバーホールしたマシーンでもあります。

今回 「まだまだ乗らなければならない」 大人の事情のため? (^_^;)

「10万km 突破記念」でもある

タイミングベルトの交換をやっていきましょう!

(^o^)丿

何をおいても

まずは リフトアップ!

エンジンは

「3S」を 搭載。

昔から使われている? 息の長いエンジンですばい (^_^;)

ラジエターを外さず 作業をしていますが

クランクプーリーが がっちり噛み付いてビクともしません (>_<)

スペースが限られてますので「プーラー」を使って外します。

タイミングベルトが こんちくは! (^^)

結構、ダルダルに緩んでましたよ

危ないところでした (゜o゜)

タイミングベルトを外します。

いろいろとチェックしますと

ウォーターポンプに 水漏れの跡がありました。

ウォーターポンプを調べると ゴリゴリ感があり

「ガタ」も出てきてました (-_-;)

よく「タイミングベルト」だけを交換する人がいますが

こんなのを見ると考えもんです (^_^;)

ほとんどが後で「お約束?」のように漏れてきます

しかも それが

「仕事」や「レジャー」、「旅行」なんかに行く時に限って

トラブルが発生したりします (-_-;)

なので

オイラは出来るだけ「同時交換」をおすすめしてます。

このノアも タイミングベルトだけでしたら

そんなに難しくもないんですが

ウォーターポンプを交換するのに ホネが折れます (^_^;)

ウォーターポンプです。

ポンプを抜いた跡です。

向かって右側にウォーターポンプがおるのですが

こんなパイプがつながっていたりして

手も入り難いし 兎に角 面倒。(-_-;)

新品のポンプを組んだところ。

お次は

カム&クランクシールを抜きます。

左が新品のシール(上:カム用 下:クランク用)

クランクに打ち込み!

カムにも打ち込んで プーリーを付けて

各ベアリングを組付けたら

タイミングベルトを組付けていきます。

この状態で 一度 ドキドキしながら? エンジンを始動!

「ぶぉぉお?ん」と 一発始動でした。

これで一安心 (^^)

全部組付けて クーラントを注入!

エンジンを再度始動して「冷却水」をまわします。

その間に テスターにて チェックします。

エラーコードを記憶していましたので

一旦、消去!

しかし すぐに同じコードが表示されましたので

現在も 故障を抱かえている状態みたいです (^_^;)

エンジンの水温も 安定してます。

暖気が終わってみると アイドリングの回転数も低い。

ISC(アイドルスピードコントロールバルブ)の数値が高い!

たぶん「ISC」にカーボンなどが溜まっている

可能性が大です (^_^;)

しかし、

こうやって診ていくと やはり年式相応に

各部分が「ヤレ」ているのがよくわかります。

長く「愛車」に乗り続ける為には

その都度 手を入れていくのか?

それとも

一気に ヤルのか? (゜o゜)

それによって その後の結果が大きく変わってきます。

今回も「タイミングベルト関係」だけでしたら

「20万km」まで 問題なくいけるでしょうが・・・・・

(^^♪

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>