点検は大事デス!@ ニッサン ラフェスタ(B30)【車検と車の修理@東大阪!】

ある晴れた昼下がりに

あるお客さんから

あるクルマの「点検」を依頼されました。

(^_^;)

ニッサンのラフェスタであります。

初めてちゃんと見ましたが思っていたよりも大きいとです(^^)

早速ボンネットを開けてみましたが

エンジンルームを覗いたときに気になることがありました。

ラジエターのサブタンクの水がLOWレベルより下がっておりました。

(^_^;)

オイラは間違いなく「水漏れ」していると判断しましたので

早速テスターを使って点検していきます。

まずはラジエターキャップ。

このラジエターキャップは0・9k以上の圧力がかかると

リリーフが開いてサブタンクに冷却水を逃がします。

逆に言うと0.9kまでは圧力を保持しなければなりません。

いくらテスターで圧力をかけても0.4kしか圧力を保持できません。

よってラジエターキャップはアウト!

お次は

ラジエターからクーリングシステムに圧力をかけていきます。

とりあえず1.2kほど圧力をかけたまま放置!

その間に

テスターをつないでECUがなにか異常を検知していないか調べます。

今のところセンサー系統に異常はないみたい(^_^;)

なので

先ほどの圧力テスターを見てみると

0.1k以上圧力が低下しました。

さらに

どんどん下がっていくので

間違いなく水漏れしています。

下から漏れを点検するのにまずはリフトアップ!

アンダーカバーを外すと

「ビンゴ!」(^^)v

水漏れしてきました。

早速、漏れ箇所を調べていきませう~!

どうもラジエターのロアパイプの付け根から「ジワッ」と漏れてきてるみたいです。

さらに探っていくと

エアコンのコンプレッサーのところにも滴ってきたのを発見!

上のほうを見てみると

サーモケースからも漏れてきておりました(^_^;)

ということで早速修理していきます。

このクルマのラジエターはロアパイプだけ交換できそうなので

ラジエターを脱着せずに外してみます

これがそのロアパイプ(右:新品)

そして組み付け。

お次はサーモスタット&ケース交換。

(左:新品)

組みつけて

これで水漏れ修理は完了!

次は

フロント

リヤ

ブレーキ関係を修理します。

フロントはパッドとローターの交換をします。

外したローター。

結構ガタガタでしたよ(^_^;)

新品のローター。

新品のパッド(左側)

スライドピンにもグリスをたっぷり奢ってやり

組み付ければ

完成!(^^)v

そして

リヤはライニングを交換します。

(右:新品)

摺動部分に

たっぷりとグリスアップして

組み付けました。

後はサイドブレーキの調整をしたらば

完成!

(^^)v

これをもちまして

今回の「点検」及び「修理作業」は

全て終了しました!

おかげさまで

今回の「点検作業」を通して

改めてオイラもいろいろ勉強になりました。

ありがとうございました。

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク