エンジン始動不良? @メルセデス ベンツ バネオ(W414)【車検と車の修理@東大阪!】

物語は一通の「Eメール」から

始まりました(^^)

何度かメールをやり取りした後

実際に

オイラの工場に来て頂いて詳しくお話を聞いてみました。

オーナー曰く

「セルモーターがキーを離しても回りっぱなしになる?」

みたいで

そして何かの拍子にエンジンは始動出来るらしく

この時点で「ドツボ」にハマる感タップリでした

(ーー;)

車はベンツ バネオ(W414)であります

問題児であった「Aクラス」をもう少し大きくした感じです。

早速

お仕事の合間に何度も何度もことあるごとに「キー」を回しますが

エンジンは普通に始動してしまいます(^_^;)

折角なので

簡易テスターでトラブルがないか調べますと

上記のようなコードが記憶されてました。

一旦消去して再度チェックしても同じエラーコードが出てきます。

仕方がないので現象が出るまでしばらく待ちます。

次の日、

朝一番にキーを回すとエンジンが始動出来ず!

オーナーが言っていたようにキーから手を離してもセルがまわってる状態に・・・。

(゜o゜)

それから何度キーを回しても同じでした。

配線図を見たりして原因をいろいろと考えましたが

何故かもう一つ良い考えが浮かびません。

なので一度自分の考え、固定観念を「リセット!」

(^_^;)

スタートラインに戻り、改めて一から現象を確認すると

あることに気がつきました。

それは

ずっとセルモーターが回りっぱなしになることに

ばかり執着し気をとられていましたが

実際は

エンジンが「始動」出来ないことです。逆に考えたら

「エンジンさえ始動出来ればセルモーターは回りっぱなしにならないのでは?」

と考えました(゜゜)

実際に昨日までエンジンが普通に始動する時は

セルも問題ありませんでした。なので

早速そこのところを攻めていきましょう!

(^o^)

まずは「点火系」です。

エンジンルーム前方にIGコイルがあるのですが

これがメチャやりにくい!(ーー;)

プラグ一つ点検するのも一苦労です。

泣かせてくれますぜ!ベンツさま・・・。

見た感じもしIGコイル交換の場合、

問答無用でIGコイルアッセンブリーの雰囲気がプンプンします。

(^_^;)

ベンツマークの入ったプラグです。

キレイな焼け方をしていて

どこにもくすぶった跡や湿った感がないので点火系は問題ないと判断!

なので燃料系統を攻めます。

リフトアップ!

運転席の足元にヒューズ&リレー関係が集まっており

フューエルポンプの作動確認&電圧を計測します。

「キーON」でリレーのスイッチングを確認。

電圧もちゃんとあります。

更に同じリレーを差し替えしましたがエンジンは始動出来ず・・・。

なので更に追いかけます。

途中のハーネスのところを調べます。電圧&アースも問題ありません。

ここまで調べて問題ないということは

フューエルポンプ本体があやしい?(゜゜)

ここでハーネスを切り離しポンプ側へ直接

電圧をかけるようにして車体下からポンプの音を聞きますが

全く聞こえません。

なのでこの時点で

ほぼ間違いなく「フューエルポンプ本体の故障」と判断しました

(^^)

フューエルポンプ本体は燃料タンクの中ですので

この車の場合、燃料タンクを降ろさないとダメです。

プラスティック製のタンクです。

真ん中にあるのがフューエルポンプ

コネクターを外してみます。

右端の端子が「焼けて」まわりのプラスティックが溶けておりましたよ!

(゜o゜)

なのでフューエルポンプ側の差込みを見ると

焼けていたコネクターの刺さるところの端子が

焼けて溶けて「穴」が開いておりました(>_<)

おまけに他の端子も焼けてきていました(>_<)

そして

フューエルエレメントも同時交換します。

ところが

外したエレメントから出てきたガソリンが何故か「白濁」していました。

そのエレメントを口でくわえて息を吹きかけますとかなり抵抗があります。

そこへ

ちょうど注文していた新品のエレメントがきたので

同じように息を吹きかけてみると抵抗なくスースーと空気が通ります。

やっぱりかなり「詰まってる」感じがしました。

ひとつの「仮定」として

「ポンプ」が先か「フィルター」が先か わかりませんが

フィルターが詰まり気味になってポンプに過大に負荷がかかって

フューエルポンプの故障につながったのではないかと考えます。

このバネオ、現在の走行距離は約50、000kmほどです。

そう考えると

「フューエルフィルター」は「早め」に「定期的」に交換するほうが

フューエルポンプの寿命を少しでも延ばせるかもしれません。

そして

フューエルポンプも届きましたので

交換しました。

しかしココで問題発生!(゜o゜)

あの「焼けた」コネクター

&ハーネスが

国内に「在庫なし!」(>_<)

本国発注で1ヶ月以上?必要になるらしい。

これにはめっちゃ困りました(>_<)

あとからこのハーネスを交換するとしても

また燃料タンクを降ろさないといけないし

だからといって焼けたコネクターをそのままにしてはおけません。

またバネオのオーナーから「OO日までに直してほしい」と期限を切られていたので

いろいろと思案した結果、ハーネスを少し改造して配線をハンダ付けして

サーキットテスターで点検しながら組付けました。

そして

燃料タンクをドッキング!

各部を確認後、ガソリンを注入し

ドキドキしながら「キーON!」

リヤシートの方から「ウィーン」とモーター音が聞こえてきました。

セルを回すと一発でエンジンは始動!

「よかった!」とほっとひと安心

(^_^;)

予防策として「フューエルポンプリレー」も同時交換しときました

それから2日ほど朝から晩まで他の仕事の合間に

ちょこちょことエンジンをかけてみましたが

全く問題なく始動できることを確認しましたので

オーナーに無事に納車できました。

(^^)v

昔々のキャブ車の時代と違い

現在主流の「インジェクション車」はほとんどが

電動の「インタンク式」フューエルポンプを使用しております。

このフューエルポンプのモーターは 燃料によって

「冷却」と「潤滑」も兼ねていますので

タンク内のガソリンが常に減ったままで走行していると

モーターに負担がかかり、途端に性能が低下してゆき

最終的に壊れてしまいます(ーー;)

なので

オイラはお客さんに

上記の理由から「絶対にガス欠をさせないでください」とお伝えしております。

そして

「世の中、超円高なのにガソリンが不当に高い状態で大変ですが出来れば

燃料が半分減ったら満タンにするようにしてください」と付け加えてます。

(^_^;)

クルマを維持するのは大変なことですが

タイヤのエアー圧を調整したり、御自分でボンネットを開けて点検したり

オイルを交換したり、たまにはカーステの音楽を切って走りながら

エンジンの音を聞いてみたり・・・etc

(^^)

そういうちょっとした積み重ねや気配りが

「愛車」を一日でも長く走らすことの出来る?

秘訣かもしれません。

でわでわ!

(^^♪

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-4308-1818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    当ブログへお越し頂きまして 
    ありがとうございます。

    故障診断ですが 
    まずは テスターや診断機にて
    過去になにか不具合はないか
    トラブルコードを調べる。
    それから 
    点火系なのか
    燃料系なのか 吸気系なのかを 
    絞っていくことがとても大事です。
    「そんなこと言われなくてもわかってるわ」と
    思われるかも知れませんが これが出来ないと
    トラブルシュートは泥沼にはまってしまいます。

    点火系なら 火が飛んでいるか?
    燃料系なら 燃圧はあるのか?
    吸気系なら エアーの吸い込みはないか?

    などなど ひとつずつ ネガな部分を
    推理しながら潰していくしかないです。

    エンジン始動不良も
    上記のことに加えまして
    セル本体もあればリレーもありますし
    配線&コネクターの焼けもあります。
    また、電圧が14.2Vあっても
    「電流」が足らないのかもしれません。

    答えになってないと思いますが
    実際 トラブルシュートはむずかしいです。
    しかも実車も診る事なく あてずっぽうで
    答えるのなら尚更でしょう。

  2. ロップ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    @ ベンツ バネオ(W414)の記事読ませていただきました。
    バネオについての修理記事があまり無いのでたいへん参考になりました。
    画像や説明も分かりやすくて直ぐにブックマークさせて頂きました。
    突然で申し訳ありませんが良かったらお応え下さい。
    自分も同じバネオ乗りなのですがここ数日で2回エンストをしてしまい原因が分からず困っております。症状で言うと1日停めておいて始動後数分暖気させた後(アイドル中e/g回転不安定)前進しようとドライブに入れてブレーキを放したらエンスト。(1回目)
    次はその3日後に同じく1日停めた後、始動して発進は出来たのですが200mほど進んでバックレンジに入れたらエンスト。(2回目)
    ここ最近、数キロ走ってエンジンが暖まりきるまではアイドリングが不安定で「ドッ…ドドッ…ドッ…」といった感じでいつ止まってもおかしくない雰囲気なのです。同時にエンジンがかからないという症状も併発しておりまして関連があるのかないのかも分からず困っております。長距離で150kmほど走行した後5分ほど休憩し再出発しようとしたらセルは回ろうとしてる感じで「ググッ…」っとなるのですがバッテリー上がりの様な状態でパワーがない感じでかからず、時間をおいて5回ほどチャレンジしたらなんとか始動したのでそのまま帰途につきその後数日は症状が出ず、冬だしと思ってバッテリーを交換してその次の日の朝に再びかからずで2回目のチャレンジでかかりました。不安でしたのでその場で何回かon、offを繰り返しましたがその後は出ませんでした。バッテリーも交換し、発電も14.2V出てますので電力的には問題無さそうなので回ろうとしているということは普通にセルがダメなのかどこかでスタート電圧が落ちているのかアイドル不良の電気が足りてないような感じと関係があるのか…。
    現状での自分の素人見解を述べますとアイドル不良はプラグもしくはイグニッションの不良、エアフローセンサーの不良、フュエルフィルターの汚れ、ポンプ不良、クランク角センサーの不良、のどれか。始動不良はセルの回転が重いのでブラシ磨耗かコミュの磨耗、ハーネス不良。
    先週末にディーラーへ行ったら忙しいからその日は無理と断られ、修理中もそこのディーラー購入でないと代車は貸せないと言われたため現在思案中です。
    可能性が高そうな原因、チェックした方が良い箇所等ご存じでしたらご指導下さい。大変困っておりますので宜しくお願い致します。

  3. 店主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんちくわ!

    テストドライブ? ありがとうございました(笑)

    人も車も? お元気そうで なによりです。

    また なにかありましたら 

    いつでもご連絡くださいませ!

  4. ギン次 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    詳細有難うございましたぁ~

    お盆に大阪~鳥取~島根~岡山~帰阪と
    ロング走ってきましたけど、現在も大丈夫そぅです。また次回よろしく御願い致します。

    おっと、ガソリンを足しとかないと…