じっくり いきましょう~!@トヨタ クラウン(GXS12)【車検と車の修理@東大阪!】

2017年6月23日

オイラの秘密工場?に

遠路はるばる

西の彼方から お越しいただきました。

お車は

トヨタ クラウン(GXS12)であります。

(^^)

今や ハードトップが 標準のご時世に あえて無骨な「セダン」!

「昭和な にほひ」が ムンムンしてます。

(^_^;)

しかし

どっから どう見ても 「役員車」か「タクシー」です(笑)

こんな素敵な?マシーンを操る オーナーもなかなか「おもろい」人でしたよ!

(^^)

オーナーの依頼は

「タイミングベルトの交換&前後ブレーキオーバーホール」

それと

「足回りのダンパーを交換したいのですが このクラウン用には適合するヤツがなく

タクシーなどに使われるコンフォート用?やったらあるんです。そのパーツの販売店に聞くと

自分のクラウンには「適合しません」といわれましたが そのダンパーやったら結構安いので

ダメもとで もし交換出来るなら「人柱?」になるので 作業してほしい」とのことでした。

なので

現物を見てから 作業をするか判断します

(^_^;)

とにかく

リフトアップ!

息の長い 名機「1G」エンジンです。

まずは タイミングベルトから はじめましょう。

ラジエター脱着

フロントカバーを外すと

タイミングベルトが「こんちくわ!」 (^^)

ベルトを外しますが このエンジン、

クランクのタイミングギヤに「しるし」がなく

クランクプーリーで上死点前60度(バルブとの干渉を避けるため)に合わせてから

プーリーとカバーを外して タイミングギヤに「しるし」をいれます。

ちょいと 「しるし」いれてくれるだけで 調整する側は楽なんですけど

(^_^;)

なんか めんどくさいです。

ウォーターポンプを交換

(右:新品)

ウォーターポンプを組付けたら

クランクとカムシールを打ち替えます。

クランクシールを抜いて

打ち替えました。

次は

特殊ツールを使用して

カムシールも打ち替えです。

さぁ~

ドンドンと組んでいきますよ!

オートテンショナーです。 昔の1Gエンジンとは違い

細かいところが 進化しております (^^)

とにかくこのオートテンショナー、変わってて やりにくい?です

タイミングベルトをかけて 回して 何も問題がなければ

全部組付けて

水を張って エンジンをまわします。

テスターにて 水温を見ながら

各部をチェック!

とりあえず 無問題なので

つぎに 足回りと ブレーキのオーバーホールをします。

フロント

リヤ

フロントキャリパーのダストブーツが破れてました (>_<)

いつものように「ドブ漬け」します。

分解して

組付けます。

そして

オーナーの懸案事項である「ダンパー」の交換です。

これがその「ダンパー」。

イマドキ めずらしい カートリッジ式です (゜o゜)

とりあえず バラシます。

スプリング 縮めます。

分解したら

ロッドの太さや ケースの寸法を測ります。

そして たぶん使えると「判断!」

(^_^)v

早速 もともとのダンパーを分解します。が

「ブンカイ シナイデ クダサイ。 非分解」と思いっきり刻印されてます(笑)

ですが なんの躊躇もなくバラシます。

シェルケースのところを蓋してるネジが メチャ堅くて苦労しましたが

なんとか 緩めました

中には少量のダンパーオイルが入っておりました。

本当はもっとダンパーオイルが入っている筈ですが ほとんどなく

それとチッソガス?も入ってる筈なんですが 「シュ」ともいいませんでしたよ!

なので 乗り味が ふにゃふにゃなのも うなずけます。

(゜o゜)

シェルケースの中を キレイに洗浄して

この黒いダンパーをほりこみます。

アッパーも交換して

元通り 組み付けます。

そして

リヤも同じように 分解します。

(上:新品)

組み付け 完了!

(^^)

今度は お休みしていた ブレーキを組んでいきます。

フロント

リヤ

追加で 「ブレーキマスター」も オーバーホールします。

インナーキットを組みつけて

ドッキング!

コレにて 全ての修理が完了! (^^♪

そして

交換した 「パーツたち」

早速 テストドライブ!

(^^)

エンジンも静かで 組んだ「足」もいい感じです。

ただ 一つだけ 気になったのは

信号待ちのとき エアコン全開状態で Dレンジで止まっていると

水温が100℃を越えます。 この車には電動ファンが付いてませんので

たぶん カップリングのヘタリや ラジエターのつまりなどが考えられますので

車の引き渡し時に オーナーにそのことをお伝えしました

オーナーは

「資金ができたら? また修理をお願いします」と言われ

他にも いろいろと「おもろい」話をしてくれて

遠い 西の彼の地へ 愛車と共に 帰って行きました

(@^^)/~~~

最近、オイラのところへくる オーナーたちは

皆さん 車が好きで ちょっと変わってる?人が多いように思います(笑)

そして 共通していることは 「自分の車が好き!」ということ。

(^^♪

この世の中に 自動車は ★の数あれど

「この車が好き! 他はいらない」という つよい想い。

素晴らしいことです。

好きな車を乗り続けることは 本当の「エコ」だとオイラは常々思ってます。

そんな皆さんの想いが

本気なので こちらも自然と本気にさせられます(笑)

だからこそ

オイラのとこで 初めて 「診る」 「触る」車たち が

今まで どんな「メテナンス」「整備」「修理」を受けてきたか? とても気になります。

(^_^;)

今回のクラウンも 点検&分解してると ポイント ポイントごとに

キチンと「ツボ」を押さえて ちゃんと 整備されておりました。

この車に対するメカの 「愛情」を 少なからず 感じました。

見た目や 外からでは わかりませんが

悲しいかな 世の中には 「手抜き」や「いい加減な修理」も やはりあります。

(-_-;)

自動車のメカは ほとんどが 「ちゃんと修理してあげたい」と

思い この業界へ入ってくると思います。

ただ、自身が置かれてる立場によって

それが叶わないのが 多数だと思います。

また

何でも「安く」を求める人が多い 今の世の中の風潮も原因の一つだと考えてます。

「自動車」は 人々の「叡智」の 結晶です。

大メーカーの 賢い?大勢の人間が 膨大な時間と 多額の開発費をかけて 作られるのですから

当然といえば 当然のこと。

その「本気」で作られた車たちに こちらも本気で向かわないと

車のことは 「一生」 わからないかもしれません。

(^_^;)

自分の「想い」が いつまで 車たちに伝わるかわかりませんが

車たちの「声」が 聞こえなくなる その時まで

オイラの「想い」を 貫きたいと思う

今日 この頃なのであります

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>